2013年08月02日

光浦高史/Takafumi Mitsuura

kao-thumbnail2.jpg

事務所名:DABURA
URL:http://www.dabura.info/

 2013年も参加致します。よろしくお願い致します。
 アートプラザU-40展、参加者は主に30代の建築家です。30代というのは、一般社会では立派な中堅世代だと思うのですが、建築家の世界は50才でも若手というようなところもあり、30代の建築家というのは最も若い世代です。最近は20代からやるひともいますが、ある程度基本的な技術や知識を一通り身につけるには10年くらいかかる仕事だし、建築士という国家資格も必要なので、やはり30代は建築家としてのキャリアスタートの世代といえます。今の30代の建築家達は、これから「中堅世代」の50~60才くらいに到るまでに、どんな時代のなかでどのように自らの経験や実績を積み重ねてゆくべきか、模索しながらつくっていると思います。そんな世代としての模索の一断面を一年に一度、否が応でも晒してみよう!というのがアートプラザU-40展ではないかと思っています。

 また、私はアートプラザU-40に参加する目的を「建築という文化の楽しさや面白さや可能性をたくさんの人に知ってもらうため」だと思っています。見に来てくださった方に、建築にもっと親しみをもってほしい。建築家のカバーする範囲は昨今すごく広がっていて「建物」だけではなかったりします。時にそれは「庭」かもしれませんし、「屋台」であったり、「みち」や「まち」であったりもするのです。建築はすべての人にとって身近な創造の世界なのです!ですから、「趣味」の欄に「建築」とか「建築鑑賞」などと書いてくれる方が増えるとうれしいと思います。

今年もまた建築を楽しんでもらえるようにがんばりますので、よろしくお願いします!

-経歴-
1977年 神奈川県川崎市に生まれる
2000年 早稲田大学理工学部建築学科を卒業
2000年 青木茂建築工房に所属
    その間、「佐伯市蒲江 海の資料館」をはじめとする再生建築、
    個人住宅、宿泊施設、公共施設、地域再生デザインなどを担当
    青木茂氏の著作や学術研究にも携わる
2007年 光浦高史建築設計事務所を設立
2009年 池浦順一郎とDABURAを設立、共同主宰
2013年 日本文理大学工学部建築学科非常勤講師

資格:1級建築士

-賞歴-
第25回 豊の国木造建築賞 優秀賞
2010 ART PLAZA U-40建築家展 来場者投票第1位
2011 九州建築家バトル 優勝


posted by U-40 architects at 12:16| 光浦高史|Takafumi Mitsuura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

光浦高史/Takafumi Mitsuura

DABURAの光浦高史と申します。DABURAは池浦と二人でのユニットですが、今年はひとリずつ参加致してみます。
昨年はあみだくじで「会場構成」を引いてしまったので、とてもやりがいはありましたが、なかなか大変でした。ことしは実行委員長の高瀬さんと若手2組で「会場構成」を進めていて、今年のアートホールはどんな空間になるか楽しみです。建築を楽しめる「公園」とか「広場」のようになるそうです。

ところで、U-40展て何のためにやるのだろう?なんて考えてみたりします。
私は「建築という文化の楽しさや面白さや可能性をたくさんの人に知ってもらうため」だと思っています。
見に来てくださった方に、もっと親しみをもってほしいし、建築家のカバーする範囲は昨今すごく広がっていて「建物」だけではなかったりもするので、そんなことも感じてもらえたらと思います。

今年もまた建築を楽しんでもらえるようにがんばりますので、よろしくお願いします!

(文責:光浦高史)


続きを読む
posted by U-40 architects at 13:37| 光浦高史|Takafumi Mitsuura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

光浦高史|Takafumi Mitsuura (写真左)

futari.jpeg

事務所名
DABURA

DABURA(ダブラ)とは、池浦順一郎と光浦高史の二人の建築家を中心とした建築家ユニットです。DABURA(ダブラ)とは、Design for Architectural and Biological Urbanization Research Associatesを表し、「建築学的、生物学的都市生成のための設計研究組織」を意味します。「建築学的、生物学的都市生成」をテーマに、建築設計、デザイン、まちづくりなど様々な活動に、大分市と福岡市を拠点として取り組んでいます。


氏名
光浦 高史(みつうら たかふみ)
※写真左

年齢
34歳

経歴
1977年 神奈川県川崎市に生まれる。
2000年 早稲田大学理工学部建築学科を卒業
2000年〜2007年 株式会社青木茂建築工房に所属
    個人住宅、宿泊施設、再生建築、公共施設など様々なプロジェクトを担当。
    まちづくりに関するコンサルティング業務、青木氏の著作や学術研究にも携わる。
2009年 池浦順一郎とDABURAを共同主宰。1級建築士。

受賞暦
2010年 第25回 豊の国木造建築賞・優秀賞を受賞

掲載誌
WISE第22号(2011)表紙及び「OITA HOUSING NOW 01」に掲載

ホームページ
http://www.dabura.info/toppage.html

ブログ
http://dabura.exblog.jp/
続きを読む
posted by U-40 architects at 11:19| 光浦高史|Takafumi Mitsuura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。