2017年04月15日

YRAD(イラッド)

こんばんは、YRAD(イラッド)です。

昨年に引き続き、今年もリーフレットのデザインを担当することになりました。

今回は、そのリーフレットについて少し触れたいと思います。

昨年は、リーフレットを置くスペースの問題から、
A4の三つ折りを採用することからデザインがスタートしました。

また、“初心に立ち返る”近作展というテーマから、
メインビジュアルに、分かりやすいアイコンとして出展者の模型写真を使用することに決めました。

<折った状態> <折らずに開いた状態> <立てた状態>

どの状態でも、同等の広告効果が得られるにはどうしたら良いかスタディした結果、以下の3つのキーワードに辿り着きました。

・無色彩
・均一
・非方向性

そのキーワードを基に、アイコンである模型写真の色彩を落とし、
紙一面に均一に並べ、方向性を無くすべく斜めに配置しました。

出来上がったデザインは、まるで包装紙の模様のように、
どの部分から折り始めても同等のビジュアル効果が得られるものとなりました。

仕上げに、ロゴを反復した帯をシールのように貼り付けて完成です。

...と、まだまだこだわった点は沢山ありますが、今回はこの辺で。

今年のリーフレット、只今絶賛デザイン中です。
17952490_1449777991739470_6983662483327186005_n.jpg


posted by U-40 architects at 14:42| YRAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。